« April 2008 | Main | July 2008 »

June 2008

Sunday, June 29, 2008

ドライカレー

P1000042P1000044夕飯にグリコのドライカレーの素でご飯作成。
それだけではなんなので、とたまねぎ、にんじん、ピーマン、ひき肉を買ってきて突っ込んでみたら、具の量がえらいことに。

これでもたまねぎは半玉だし、ピーマンも2個だし、にんじんも一本しか使ってないんだけどなあ。二人分ならちょうどいいかなあ…
(ちなみに昔から適当に作るとなぜか2人前くらいになってしまうことが多いんだよね)

しょうがないので半分取置きすることにして、ご飯とソースを加えて完成。

具の残りはまた明日にでもって…二日連続でドライカレーなのか?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Saturday, June 28, 2008

なんとなく

なんとなく思い立ってちょっと日記の構成をいじってみた。

でも、まだあんまりすっきりしてないなあ…

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Thursday, June 26, 2008

夕食

080626194339080626193321
今夜も鶴舞のタイ料理屋(サワデーすみ芳)で夕食。

メインはピリ辛中華麺。
見た目はソース焼きそばだけど、ソースの味はしません。
後、グラスビールも頼んでみました。
ほろ酔い気分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Wednesday, June 25, 2008

XBOX 始まった?

080625125924
ハードベストセラー1位と3位にXBOX 360が!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Monday, June 23, 2008

iPhone 3G詳細発表

8Gモデル(ブラック)が実質23,040円、16Gモデル(ブラックまたはホワイト)は34,560円。

毎月の通信料は
ホワイトプラン(i)基本使用料 980円
パケット定額フル 定額料 5,985円
S!ベーシックパック(i)基本料 315円
で、計 7,280円。

既存のスマートフォンプランだとPCサイトダイレクトで月最大11,095円なので、3,815円安いですね。

といいつつ、自分は買いませんけど…

電話は電話で確保しておきたいので、自分はやっぱり電話+プレイヤーの2つかなあ。
iPod touchにはちょっと心惹かれてますが、sonyのBDレコーダ(BSZ-A70)の地デジ録画のおでかけ転送機能に対応していないのが難点。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Sunday, June 22, 2008

お昼ごはん

Pict0050

ここ数日雨ばかりでさすがは梅雨。

昨日、スーパーで見かけたゴーヤーがおいしそうだったので、お昼にゴーヤーチャンプルーを作成。
豆腐がぐちゃぐちゃになってしまって、ちょっと見た目失敗かも。

ちなみにもう一皿分あります…がとりあえずラップして夜にでも食べることに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Friday, June 20, 2008

今日の夕食

844720739_55
タイ料理屋でトムヤムクン、サラダ、焼き肉ご飯、デザートのセット。焼き肉と言っても挽き肉。デザートはココナッツミルクにカボチャでした。適度な甘さで結構いけました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

なんだかなあ

正直タビング10はあんまり期待してないんですが、

「タイムシフト目的の録画でも、製作者にフィードバック必要」――映像ソフト協会

> その上で、テレビで放送される映画について「タイムシフト目的での録画など一定限度でコピーされることは避けられない」としながらも、「映画製作者に何らのフィードバックがないままコピーされるのは正当ではない」とし、タイムシフト目的だとしても「映画を鑑賞するための私的録画は、映画の経済的価値を利用・享受するもの。製作者に対してフィードバックがあってしかるべき」と主張した。

とか言われると返す言葉もないね。
放送時にリアルタイムで見るのと、仕事から帰ってきてから録画を見るのとで製作者にどう違いがあるのでしょうねえ。
そもそもタイムシフト目的録画されて支障が出るのであれば、最初からその分を見込んで放送局と契約すればいいんじゃないかと思いますが…

本田雅一さんも言っていますが、

> しかし、貸与使用料に私的複製の対価が含まれていないのであれば、別途、貸与使用料とは別に、貸し出し1回あたりの複製対価を求めればいいのではないだろうか? 補償金という分配根拠が曖昧になりがちな制度を採るよりも、明確にどのCDに対して複製対価が発生したのかが判れば、対価を受けるべきアーティストや音楽出版社が明確になる。
> 市場の状況に合った適切な価格で販売されれば、わざわざイリーガルな手法でCDを複製する必要もない。加えて言うならば、現在の市販CDは複製可能な CDというメディアを用い、音楽出版社自身が再販制度で守られた定価を付けて販売している。ならば、そこに複製対価を含めるのが妥当だろう。繰り返しになるが、何も公平な分配を行ないにくい方法で補償金を集める必要などない。

私もそう思います。なぜしないんでしょう。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2008 | Main | July 2008 »