« 忘れた頃に更新 | Main | 今日の夕食 »

Friday, June 20, 2008

なんだかなあ

正直タビング10はあんまり期待してないんですが、

「タイムシフト目的の録画でも、製作者にフィードバック必要」――映像ソフト協会

> その上で、テレビで放送される映画について「タイムシフト目的での録画など一定限度でコピーされることは避けられない」としながらも、「映画製作者に何らのフィードバックがないままコピーされるのは正当ではない」とし、タイムシフト目的だとしても「映画を鑑賞するための私的録画は、映画の経済的価値を利用・享受するもの。製作者に対してフィードバックがあってしかるべき」と主張した。

とか言われると返す言葉もないね。
放送時にリアルタイムで見るのと、仕事から帰ってきてから録画を見るのとで製作者にどう違いがあるのでしょうねえ。
そもそもタイムシフト目的録画されて支障が出るのであれば、最初からその分を見込んで放送局と契約すればいいんじゃないかと思いますが…

本田雅一さんも言っていますが、

> しかし、貸与使用料に私的複製の対価が含まれていないのであれば、別途、貸与使用料とは別に、貸し出し1回あたりの複製対価を求めればいいのではないだろうか? 補償金という分配根拠が曖昧になりがちな制度を採るよりも、明確にどのCDに対して複製対価が発生したのかが判れば、対価を受けるべきアーティストや音楽出版社が明確になる。
> 市場の状況に合った適切な価格で販売されれば、わざわざイリーガルな手法でCDを複製する必要もない。加えて言うならば、現在の市販CDは複製可能な CDというメディアを用い、音楽出版社自身が再販制度で守られた定価を付けて販売している。ならば、そこに複製対価を含めるのが妥当だろう。繰り返しになるが、何も公平な分配を行ないにくい方法で補償金を集める必要などない。

私もそう思います。なぜしないんでしょう。


|

« 忘れた頃に更新 | Main | 今日の夕食 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference なんだかなあ:

« 忘れた頃に更新 | Main | 今日の夕食 »